位牌堂

お知らせカテゴリー

位牌堂TOP >お知らせ

お知らせ

2017年03月22日

開眼法要は 本尊 位牌 のためのもの。

新しく仏壇を 購入したときには、開眼法要を

営むことになります。仏壇を 新しく 購入

したということとは、ここに 本尊を迎え、

祖先を 祀ることになるわけで、重要な法要の

一つということになります。ただ ここで

注意したいことは、開眼法要の対象は

「ご本尊」「位牌」であって、仏壇そのもの

ではないということです。仏壇に対しては、

ご本尊を 安置するところであり、これを

清浄な 場所としなければ ならないという

意味で、精神的面から「お浄め」の儀式を

行うことに なるのです。

この法要は、浄土真宗本願寺派では、

「入仏式」、真宗大谷派では「御移し」、

その他の宗派では「仏壇開き」、「入魂式」、

「開眼供養」というように 呼びます。

地方によっては、「お霊入れ」「お魂入れ」

「性根入れ」ともいいます。

法要の営み方は、宗派によって それぞれ

異なりますので、菩提寺に 相談されるのが

良いでしょう。菩提寺というのは、自分の

祖先が 代々に わたって 檀徒と なっている

寺をいいます。もし、故郷を 離れて 大都会

などに 出てきてしまい、菩提寺が 遠いという

のでしたら、故郷の菩提寺に 問い合わせ、いまの

住所地の 近くにある 同じ宗派の 寺院を

紹介してもらうようにしましょう。

さて、この開眼の法要、どの程度の規模で

営めばよいのでしょうか。

開眼供養は、はじめて わが家に ご本尊を

迎える儀式です。この意味から いえば

年回法要以上に 大切な ものという

ことになります。年回法要を 例にすれば、

一周忌 あるいは 三回忌などと 同じ程度の

規模で営めば よいのです。ただし、一般庶民の側、

現実の 生活者の立場からすれば、法要を

営むことによって、心は豊かになるにしても、

反面、経済的な負担も 少なくない という

現実もあります。このことから 考えますと、

仏壇を 購入する時期を選ぶ、すなわち、

一周忌なり三回忌に 合わせて 仏壇を購入し、

開眼式と年回を 合わせて 営むようにするのが

賢明ということになりましよう。

 

 

鈴木仏具店 位牌堂

東京 足立区

 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
鈴木仏具店のネットショップ「位牌堂」
http://ihaido.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒120-0014 東京都足立区西綾瀬3-10-7
TEL:03-3886-2408
FAX:03-5681-2408

営業時間:9:00~18:00
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…