位牌堂

お知らせカテゴリー

位牌堂TOP >お知らせ

お知らせ

2017年04月29日

満中陰の切上げ。

満中陰を 三十五日で切り上げる。

 

中陰の期間、すなわち四十九日の法要が

三ヶ月に わたる場合「三月越し」と

いって忌み、三十五日で 切り上げて

しまうのがよい、ということが

いわれます。たとえば、

ある月の下旬に 死亡した人があり

葬儀をしますと、四十九日は どうしても

三ヶ月目に 入った月の 初旬に

行わなければならなくなります。

こんなとき、満中陰を 三十五日で

切りあげてしまうのです。

中陰が 三ヶ月に わたるという

ことには、どんな 不都合が

あるのでしょうか。

中陰が 三ヶ月にわたりますと、

四十九—しじゅうく—始終苦 となり、

これが 三ヶ月—みつき—身につく、

という語呂合わせが出来ます。

しじゅう苦が、身につくのは、

まことに困る ということになります。

満中陰を 三十五日で 切りあげて

しまえば、二か月以内に 納まります。

不都合と いっても 語呂合わせに

由来するわけです。

種々の 都合ができて、満中陰を

三十五日(五七日)で 切りあげる

というのは 差し支えありませんが、

語呂合わせに すぎない 俗言に

まどわされる 必要はありません。

三ヶ月に わたって、いっこうに

かまわないのです。

 

 

鈴木仏具店 位牌堂

東京 足立区

 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
鈴木仏具店のネットショップ「位牌堂」
http://ihaido.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒120-0014 東京都足立区西綾瀬3-10-7
TEL:03-3886-2408
FAX:03-5681-2408

営業時間:9:00~18:00
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…